キャピキシル 育毛剤

注目の育毛成分・キャピキシル

注目の育毛成分・キャピキシル

女性 画像最近注目のキャピキシルをご存知ですか?

医学的に発毛効果が認められていて、AGA治療として効果が
あることで知られるのはミノキジルですが、キャピキシルと
ミノキジルにはどのような違いがあるのでしょう。

 

薄毛に悩む方必見のキャピキシルについて、その効果や
ミノキジルとの違いをご紹介します。

 

 

キャピキシルとは?

 

キャピキシルとは二つの成分を組み合わせたもので、
成長因子の「アセチルテトラペプチド-3」と
アカツメクサ花エキスの二つです。

 

それぞれの効果についてみていきましょう。

 

 

アセチルテトラペプチド-3

キャピキシル育毛剤 画像

 

4種類のアミノ酸で構成された成分で、細胞修復作用に
とても優れている成分です。

 

すでに医学分野でも活用されている成分で、火傷の治療などにも
取り入れられ確かな効果が確認されています。

 

この修復作用が毛を作る働きが弱くなった毛母細胞に働きかけます。
毛の生え変わりの周期を正しくして発毛を促します。

 

 

アカツメクサ花エキス

キャピキシル育毛剤 画像

 

アカツメクサ花エキスにはイソフラボンの一種、
ビオカニンA」が含まれています。

 

ビオカニンA は男性型脱毛症の原因を抑制します。

 

AGA(男性型脱毛症)にはジヒドロテストテロンという
活性型の男性ホルモンが関係しています。
これを作り出す酵素を抑制する働きがビオカニンA にあります。

 

AGA治療に用いられている医薬品、
プロペシアと同様の効果です。

 

 

ミノキジルとは?

 

キャピキシルには「発毛を促す効果」と「AGA予防効果」
あることがわかったと思います。

 

よくキャピキシルの発毛効果はミノキジルより高く、
3倍も発毛効果があるとさえいわれています、

 

しかしミノキジルもAGA治療役として有名です。
ミノキジルとはどのような成分なのでしょうか?

 

 

ミノキジルの働き

キャピキシル育毛剤 画像

 

ミノキジルは元もと血管拡張剤として用いられ、
高血圧の患者に処方されていました。

 

その患者の毛が濃くなったことから、
発毛効果も研究され、その効果が確認されました。

 

ミノキジルの働きは血管を拡張し血流を良くして、
頭皮の毛根を元気にすることです。

 

毛を作る毛母細胞の細胞分裂を促してくれるので、
髪の成長が早くなります。

 

 

ミノキジルの副作用?

 

ミノキジルには副作用があるとされます。

 

副作用というより、本来の働きともいえますが
血圧を下げる作用があります。

 

それ以外に動機・息切れも確認されています。

 

また、頭部以外の毛まで濃くなることもあります。

 

 

キャピキシルとミノキジルの違い

女性 画像

 

ミノキジルの働きは血行促進により
頭皮の毛根を元気にして髪を生やす効果。

 

キャピキシルは弱った毛根の修復による発毛と、
AGAによる抜け毛の予防効果。

 

ミノキジルには活性型男性モルモンが原因の
脱毛を予防する効果がないという違いがあります。

 

 

また血圧低下などの福作用があるミノキジルに対して、
天然成分由来のキャピキシルは副作用がなく
安全性の高い育毛成分とされます。

 

キャピキシルを使うときは、脱毛を予防するために
プロペシアと併用したりもしますが、
キャピキシルにはその必要がありません。

 

 

発毛効果の高さは、実は単純にどちらともいえません。

 

キャピキシルは弱った毛根を修復しますが、
血行不良で頭皮が健康でなければ
思うように発毛効果を得られないこともあります。

 

キャピキシルで効果が感じられない人が、
ミノキジルも併用するケースもあります。